マイナストルネード観測所 前向きに生きる方法
北海道札幌市の会社に勤める普通のサラリーマンが綴る。心と体を健康にする方法。人生の成功に結びつく精神と行動を得る方法。マイナス思考の渦からプラス思考へと歩み続ける方法。ポジティブかつ前向きに生きる方法。
あなたは、自分らしく幸せ前向きに生きたいと思っていませんか?
そのためには、お金だけではなく、こころを健康にする方法、人生の成功に結びつく精神と行動を得る方法が大切ではないでしょうか?
あなたと私で、一緒に幸せの法則を見つけましょう!!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラーバス効果


通勤はバスと地下鉄で約1時間程度なので、

その時間を読書など、自分の時間に使ってます。

前回の日記で紹介した本田直之氏のレバレッジ・シンキングを2日で読みました。
もちろん、レバレッジ・リーディングを使って読みました。


この本を読んでみた感想。


私の場合、いろいろと本を読み漁っていますが、それらによって自分の資産(キャピタル)を増やしていなかったことに気付きました。

読んだら読みっぱなしだったのです。

レバレッジ(てこ)になっていませんでした。


それと、チャンスに気付くための行動をしていなかったことに気付きました。

今年の初めに、きちんと目標を立てて、壁に貼ったのですが、それっきりでした。

毎日のように眺めていませんでした。

本書にも書いてありますが、「カラーバス効果」というのがあります。

望んでいるもの(目標など)を意識していると、それが目に付きやすくなるというものです。

良く成功本に書かれている「目標を紙に書いておく」というのは、このことです。何も神がかりなことではありません。

目標や欲しいものを紙に書き、常にそれを頭に浮かべ、探すようにしておくと、「チャンス」を見つけやすくなる、というものです。



最近、仕事の疲れが溜まっていたのと、私の仕事以外にある「目標」がなかなか達成できなかったのとで、うまく回っていませんでしたが、

この本を読んで、初心に帰ることができました。




スポンサーサイト
レバレッジ・シンキング
今読んでいる本は、

本田直之氏のレバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術です。


まだ読み始めたばかり。




前作レバレッジ・リーディングも読みました。
速読ならぬ「多読」で読書に対する考え方が一新しましたよ。
必要な知識だけを効率的に読む。
おススメです。



はじめまして
普段、いろいろと愚痴が多くてマイナス思考に陥りやすい私です。

そんな

マイナストルネード

マイナスタイフーン

マイナスハリケーン

マイナススパイラル


な状態から、

プラス思考でポジティブな自分に向かう努力をここで日記形式で書き綴りたいと思います。

愚痴が多くなったらすみません。

でもお付き合い下さい。



Google
スポンサードリンク

情報起業家を応援します! インフォタイプ






プロフィール

マイナストルネード所長

Author:マイナストルネード所長
北海道札幌市の39歳アンチエイジング的サラリーマン
妻と息子と幸せに暮らす。
激務で体を壊した時に読んだ「金持ち父さん」シリーズに感化され、自分らしい前向きな生き方を目指し、健康と成功の調査・検証・研究をしている。
自ら不動産投資を実践し、将来はハッピーリタイヤして悠々自適に暮らすことを決断した。

※似顔絵は似顔絵イラストメーカーで作成しました。



スポンサードリンク



ブログ内検索



カテゴリー



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



おすすめリンク



相互リンク募集中!

当サイトはリンクフリーです。
相互リンクしていただける場合は、下記のメールフォームからご連絡下さい。



お問い合わせはコチラから

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ソーシャルブックマーク

はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策



RSSリーダーへの登録

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス



ツール





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。